バイナリーオプションは稼げるし勝てる!勝てないのは必勝法を知らないから!

バイナリーオプションは国内でも人気の金融商品です。

スタート時間から決められた時間までのレートの上下を予想するだけなので、為替について詳しくない方でも気軽にトレードできるのが魅力です。

例えば10時00分から10時10分の場合、10:00時のレートが100.00だったとします。この10分後に100:00よりもチャートが上にいくか下にいくかを予想する。

そのたった2択です。

■リスクとリターンは?

バイナリーオプションは、予想が当たれば投入した金額がおよそ1.9倍(証券会社と通貨による)、はずれれば没収されるだけです。

例)10時00分スタートに挑戦、レートが100.00よりも円安(上にいく)と予想して1000円購入した。
→10分後、残念ながら予想は外れて下にいったので1000円失った。

FXの場合、損切りをしない限りどんどん損が膨らんでいく危険性がありますが、バイナリーオプションの場合は1回は1回分の購入金額以上のリスクがないので損の限定ができます。FXで利確・損切のタイミングが苦手という方は、実はバイナリーオプションのほうが向いているのかもしれませんね。


■魅力

XE Marketsの場合、1万通貨のポジションを持ちたい場合、最低40,000円の証拠金が必要です。(レバレッジ25倍の場合)40,000の証拠金で1万枚ポジションを持ったとして10,000円の利益を取りたいと考えた場合100pipsの利益値幅を取らなければなりません。

1日合計のボラティリティー(値幅)を調べていただくとわかりますが、大きな指標発表やニュースがない限り、1日で動くボラティリティーは1日かかって100pipsという場合がほとんどです。

日足の上髭から下髭の先まで往復取れれば200pips取れるというふうに解釈することもできますが、そんなにピッタリうまく上下の動きを捉えることは不可能に近いですよね?

そこでバイナリーオプションの出番です。

バイナリーオプションは損が限定されていますから証拠金という概念がありません。

冒頭で説明しましたが、購入したお金が無くなるか1.9倍になるかだけです。

ですので、最低購入金額を入金すれば即時バイナリーオプションができます。この中で、ハイローオーストラリアは最初に入金する額が5000円からと少ない額で投資が可能となっています。

最低購入金額は、FXプライムであれば100円、クリック証券であれば1000円からできます。ちょっと取引感覚が変わってくるかもしれませんが、ところによっては1万円から取引ができるようになります。

値動きの大小にかかわらず10分後(決定時間は業者による)に1.9倍になるのですから資金効率がFXと比べてすごく良いです。

■こんな方に向いています

・値動きの予想は得意なんだけどFXで取引きするほどの資金がない。

・FXをやっているけど利確と損切りが苦手。

・値動きの小さな時間、または少しの時間しかできない。

・少ない資金で短期間で利益を出したい。

ベンチャーキャピタルと言うのは、主に高い成長率が期待できる未上場企業の所謂ベンチャー企業に対して、そのベンチャーを資金面で支援し、育成する投資会社を指します。

ベンチャーを支援育成する事によって、ベンチャーキャピタル自身はその投資によって、ハイリターンを狙うのです。
資金面の支援方法としては、ただ融資するのではなく、株式を取得することでエクイテイ投資する形を取るのが一般的です。ベンチャーキャピタルは投資先のベンチャー企業が成長して、それまでは非上場・非公開だった株式が、新規に証券取引所に上場する事で株価が大きく値上がりして得られるキャピタルゲインや、他社への転売益で大きな利益を得る事を目標としています。
従って、投資先のベンチャー企業が大きく成長する事が必要であり、単に資金を投下するだけではなく、経営コンサルティングを行ったり、取締役会に参加したりして、事業が成長・成功するための経営側面の支援も行います。
さらに、投資先企業のバリューアップを計るべく、ベンチャーキャピタルの担当者が、出資先のベンチャー企業の社外取締役に就任する等、投資先企業に直接的に深く関与し、経営を成功に導くハンズオン型と言われる形態をとる事もあります。この様にベンチャーキャピタルは、ベンチャー企業育成を通じて新たな産業の育成や形成に大きく寄与しているとも言えるのです。
一方のベンチャー企業は、起業期や成長期にあり、担保となる資産も少ないため、担保主義の銀行からの融資では十分な資金調達が出来ないのが普通であり、ベンチャーキャピタルからの資本導入は有力な資金調達手段であり、企業成長のために資金を確保しやすく、まや長期的視点に立った投資をしてもらえる事で、じっくりと経営に取り組めるメリットがあります。
ベンチャーキャピタルがベンチャー企業に投資する資金調達方法としては、自己資金のよる場合と、機関投資家や金融機関から資金を集めてファンドを設立し、ベンチャーキャピタルが、そのファンドマネージャーとして投資する場合があります。
こうした産業育成に貢献しつつ、大きな利益確保を目標とするベンチャーキャピタルには、大手金融機関や、通信会社や、事業会社が手掛けているものや、独立系ベンチャーキャピタル等、多くの企業が色々な形態で取り組んでいます。既存産業に閉塞感がある中、その突破口としてベンチャーの成長に期待すると共に、それを支援するベンチャーキャピタルが利益追求のみならず、企業育成に一段の努力を払ってくれる事に期待したいものです。